バナナは栄養満点!

スポーツ選手がバナナを口にしている姿はよくみかける光景ですが、バナナはカロリーが高くて消化もいいこともあり、運動やスポーツをする前にはオススメの食べ物といえます。

バナナの主な成分は、炭水化物(糖質)と70パーセントの水分。あとビタミンも含んでいます。タンパク質や脂質は少ないですが、即効性の効果があるバナナはとっても重宝される栄養源なのです。ただし、高カロリーなので食べ過ぎには注意。果肉1グラム当たり1カロリーなので、美味しいからとパクパク食べちゃうとダイエットが必要になっちゃうかも。

バナナを食べる場合、大抵わたし達は生のまま口にしますが、干しバナナはビタミンこそありませんが、それ以外の栄養価がぐっと高くなるので、乾燥させて作る干しバナナにチャレンジしてみるのも面白いかもしれませんよ。干しバナナは、その姿がイチジクにそっくりなことから「バナナ・フィグ」なんて呼ばれています。

干しバナナの作り方は、まず、熟れたバナナを天日干しにして、果実が凝縮してきたら皮を剥ぎます。そしてもう一度天日干しにして乾燥させれば完成となります。注意したいのは、作り方を間違えてしまうこと。とっても臭い悪臭を放ってしまい、ハエなどの害虫を集めてしまうので気をつけましょう。

パフェやケーキなど、いろんな用途に使えるバナナ!あなただけのオリジナル・スイーツを作ってみると、とっても楽しいですよ!!

定期的にエネルギー補給